MEMBER LOGIN 会員ログイン 会員登録をしなくてもご購入いただけます。

お家でプチ農園。ホームハイポニカ 製品一覧

  • ホームハイポニカぷくぷく
  • Sarah(サラ)シリーズ
  • karen(カレン)
  • 601果菜ちゃん
  • ホームハイポニカ303
  • cocochi saien (心知菜園)
  • オプション品一覧
  • 液肥一覧

MEDIA NEWS - メディア掲載情報

販売代理店一覧

協和株式会社

中文版 HOMEHYPONICA〈このサイトは中国向けのものです〉

栽培・設置ガイド

トップ > 栽培・設置ガイド

設置場所

※ 屋内でご使用の場合は、水の取り扱いには十分ご注意ください。
  また、作物によっては日照量が不十分な場合があります。

電気配線の都合が良い場所

ポンプの使用に電源が必要です。電源が確保できるところが条件になります。

水の給排水作業に都合の良い場所

作業としては水の給水が主になります。水道が遠いよりは近くの方が都合か良いです。数10リットルの水が入っております。排水する場合、まわりが濡れてしまう可能性もあります。水がこぼれても支障のない場所をお選びください。

日当たりの良い場所

どんな作物の場合でも生育のためには日光を欠かすことはできません。いかにハイポニカ栽培といえども、この点は土栽培と同じです。特に果菜類は日当たりの良い場所で育ててやる必要があります。

ハイポニカは数ある環境要素の中で根の環境を変えることで、土栽培では抑えられていた植物の生長力を引き出したものです。

日当たりの良い場所

ハイポニカは数ある環境要素の中で根の環境を変えることで、土栽培では抑えられていた植物の生長力を引き出したものです。でも、根の環境を良くしたハイポニカで育てたとしても、太陽の光が少なかったり、気温が低かったり、植物が大きくなれない環境要素があると、植物は生育することができなくなります。

設置環境

直射日光が6時間当たる環境を選ぶ

どんな作物でも、生育の為には日光を欠かすことはできません。
いかにハイポニカ栽培といえども、この点は土耕栽培と同じです。特にトマトなどの果菜類には十分に日当たりの良い場所で育てる必要があります。

春から夏の場合

充分な気温があるので直射日光のたっぷり当たる屋外で栽培してください。 太陽高度が高いため、窓辺であっても室内にはほとんど直射日光が入らず、葉に光が当りません。 夏場に室内で栽培されることはお勧めしません。

秋から冬の場合

トマトやキュウリのような夏野菜は屋外で太陽がいくら当たっても寒さが大きなマイナスとなり育つことができません(トマトの場合、最低温度5℃を切ると生育が止まり、0℃で枯れてしまいます)。 屋外での栽培には春菊や水菜など寒さに強い葉野菜の栽培が適しています。 逆に太陽高度が低い冬は、部屋の内部まで直射日光が当たります。太陽の光が多く当たる屋外より、暖かい室内(必ず植物の葉に直射日光が当たること)の方が植物がよく育ちます。

※室内の栽培は人の見た目以上に光量が少ないため大玉トマトの栽培は難しいです。ミニトマトの栽培をお勧めいたします。 ※必ず植物に直射日光が当たっていいることをご確認下さい。 ※氷点下になる場所では液が凍るため栽培することができません。

室内での栽培事例

クリスマスツリーにして
みました。

※室内の栽培は人の見た目以上に光量が少ないため大玉トマトの栽培は無理です。ミニトマトの栽培をお勧めします。 ※必ず植物に直射日光が当たっていることをご確認ください。

●9月9日の日射し明るく見える窓辺でも、苗のところに光が当たっていません。 これでは植物が生育することはできません。

●9月9日の日射し
明るく見える窓辺でも、苗のところに光が当たっていません。 これでは植物が生育することはできません。

10月15日の日射し 太陽高度が低くなり、窓辺の植物によく光が当り始めます。

●10月15日の日射し
太陽高度が低くなり、窓辺の植物によく光が当り始めます。

11月7日の日射し

●11月7日の日射し